ペニスが小さい人の悩み

ペニスを大きくする薬・サプリならビンビンになれるコイツがあるぜ!

MENU

小さくても別に困ることはない

男性

私はアソコのサイズが小さく、それがとても悩みでした。平常時で3cmくらい勃起しても10cm以下でした。大学に入学してしばらくして彼女ができ、初めてセックスした時にとても恥ずかしかったのを覚えています。その彼女は年上で男性経験もあったので、「なんて言われるんだろう・・・」と不安でした。 


 そしていざその時になって、案の定「かわいいね」と言われてショックだったのを覚えています。しかし別にセックスに困ることはありませでした。それ以降も何人かの女性と付き合いましたが、やはり初めてエッチするときは恥ずかしかったのを覚えています。
 また温泉やお風呂に行くとやはり恥ずかしいですね。周りの人と比べると明らかに小さいですから。私の場合大学に入学してしばらく寮に住んでいたんですが、友人や先輩にに冷やかされてとても恥ずかしかったです。アソコは20歳歳まで成長するらしいんですが、「もっと大きくならないかなあ・・・」といつも思っていました。



 私は今は結婚して子供もいます。妻とは同じ会社で出会いましたが妻は男性経験がな方ので私のアソコが小さいことを何も言いませんでした。なので小さくてもあまり気にすることはないと思います。


下半身のサイズに関する悩みについて思うこと

カップル



ザックリ言うならば、男性というのはプライドで生きているようなところがあります。男性がプライドを失ってしまったならば、自信を持って生きることができなくなり、それはとても情けない姿になってしまうと私は思います。



 そんな男性のプライドに対して密かにかかわってくるのは、下半身のサイズにについてです。私は、幸い平均的なサイズであるためそれについて深く悩んだりはしませんが、私の友人はそれが小さすぎたり、逆に大きすぎしたりして、女性との性交渉がコンプレックスになってしまっている人がいます。



 よく女性は「男性のサイズなど関係ない」と表向きはそう言いますが、いざベッドインすると容赦なくサイズに関して言ってくる場合もあり、それが男性のプライドをポキッと折ってしまうこともあるため、下半身のサイズというのは男性にとってとても切実な悩みなのです。



 下半身が小さい男性には、それを大きくするための増大サプリメントや手術などがありますが、その効果のほどは人それぞれですので、果たしてそれをすることが正しいのかどうかと言われれば疑問符がつきます。



 ですが、もしもそうした下半身の悩みから女性に積極的になれないのであれば、それはとてももったいないことですので、それを改善するためには、やはり何らかの対策をするべきだと私は思っています。



好きな人がいます。

男性


ゆくゆくは結婚したいと思っています。理由は、僕のことを気に入ってくれているからです。まだお付き合いする前の段階ですが、お互いに25歳なので、どうしても結婚を意識してしまうのです。



彼女は、かなりの美人です。周りの人からも、ずいぶん言い寄られているようです。でも、幸運なことに、彼女は僕を選んでくれたのです。僕も、いろいろ考えて付き合いたいとは思っています。



しかし、踏み切れないのです。理由は、男性自身のサイズの問題です。


短小では決してありません。彼女がいたこともありますし、これまでの彼女の前でも隠すことはありませんでした。でも、大きい方ではないです。むしろやや小ぶりかもしれません。悩むのは、彼女の前の彼氏のサイズが、かなり大きいからです。


彼女は、私も所属する同じサークルの仲間と付き合っていました。美男美女のカップルで、お似合いでした。もし2人が結婚すると言えば、私も納得して祝福したと思います。でも、彼女が、その彼から私に乗り換えたのです。


私は、サークルの合宿で、彼と一緒に風呂に入ったことがあります。かなりのビッグサイズでした。彼女と結婚するということは、あのビッグサイズを受け入れていた体に私の小物がお邪魔することになります。それが、大きな悩みとなり、お付き合いに踏み切れないでいます。



粗チンの悩みと解決法について

男性

ずばりサイズの悩みがありました。小さいのです。若い頃は、トイレに行くにしても見えないようにしていたり、銭湯では意図的に大きくしたりとかしていました。


今から、思うと恥ずかしい話です。日頃は、小さい方が活動しやすいという長所があります。いざという時に、立派になれば良い訳で、膨張率は人には負けないんだと、ある時期から思うようになりました。その切っ掛けは、当然、女性との付き合いからでした。また、結婚し子どもも三人居ます。しかし、若かりし頃は、無理がないかも知れませんね。


また、今もそのことで
悩みを抱えている若者が沢山居ることでしょう。その人たちに、悩む必要はないと啓発できる場が有ると良いですね。


でも、なかなかデリケートな問題ですから、難しいのでしょうか。もちろん、器質的な問題を抱えている方達も居るでしょうから、私の体験だけでその悩みが解決するとは言い切れません。とはいうものの大多数が私とよく似た経験があると思います。今、思い出しましたあ。このコンプレックスから解放しくれた事柄が、僕の尊敬する恰幅のよい押し出しのある仕事上の先輩が、僕に劣らず粗チンでした。


しかし、隠さず堂々と用を足していて、僕に上記に書いた長所を教えてくれました。こういった身近な人からのアドバイスも、大変有効ですね。